Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    東京練馬生徒用LINEページが出来ました
    こちらで緊急連絡等行ないます。
    ご登録よろしくお願い致します。

    チャレンジカップ(試合)
    7月21日(土)
    14:00@小豆沢体育館
    出場申し込み受付中

    夏合宿
    8月9,10,11日(木,金,土)
    @山梨県鳴沢村

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    6月24日(日)
    審査
    10:00@東京練馬
    *クラスはお休みです。

    *予定は変更される場合がございます。


  • 高橋真次
    髙橋真次(Masatsugu TAKAHASHI)
    日本大学芸術学部卒業後、米国アラバマ
    大山泰彦最高師範の内弟子になり、5年間の内弟子生活を全うする。
    その後2年間アラバマ総本部でチーフインス
    トラクターとして、空手の他にキックボクシングのクラスを指導するかたわら、サンフォード大学や地元の高等学校で講師として活躍。その間試合にも多数出場。
    2006年10月東京練馬道場オープン。
    ワールド大山空手東京練馬の高橋真次です。大学卒業後就職に迷っていました。そんな時に空手を始めました。始めた当初は空手が嫌いでした。
    しかし、強くなりたい想いと、英語が取得出来たら将来役に立つだろうという、安易な考えでアラバマに飛び立ちました。暫く続けていると大会で勝利することができるようになりました。
    その頃、クラスの指導を任されるようになり、徐々に空手に惹かれて行きました。道場をオープンする決意をしたのは、便利さと反比例して人間らしさが失われて行く現代において、空手の役割は大きいと思ったからです。
    特に子供の教育環境は危機的状況にも思えました。

    空手はとてもアナログですが繊細です。体を動かし汗を掻きながら気を使わなければ行けません。
    本来それは普通に生活する時と何ら変わらないはずです。
    しかし、本来持ち合わせるべき思いやりや気遣いが失われていることに危惧しました。

    私と共に汗を掻き、気付く、気を使う意識が「道場から街へ、地域へ、国から世界へ」と広がったら良いなと思っています。

    主なタイトル

    98年:ワールド大山空手全日本選手権大会優勝
    00年:全カナダ選手権大会優勝
    01年:全米選手権大会優勝
    02年:全カナダ選手権大会優勝
    03年:全米選手権大会優勝
    04年:全米選手権大会優勝
    06年:全日本選手権大会優勝
    07年:全米、全日本選手権大会優勝
    09年:全日本選手権大会優勝
    11年:全日本選手権大会優勝
    2000 Canadian Cup Knockdown Championship,1st Place
    2001 American Cup Knockdown Championship,1st Place
    2002 Canadian Cup Knockdown Championship,1st Place
    2003 American Cup Knockdown Championship,1st Place
    2004 American Cup Knockdown Championship,1st Place
    2006 Japan Cup Knockdown Championship,1st Place
    2007 American Cup Knockdown Championship,1st Place
    2007 Japan Cup Knockdown Championship,1st Place
    2009 Japan Cup Knockdown Championship,1st Place
    2011 Japan Cup Knockdown Championship,1st Place
    東京練馬道場
    東京練馬道場
    江古田道場
    江古田道場
    ブログお問い合わせ


    « »