Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    11月3日(土) ジャパンカップ

  • 雨の日サービス

    日々雑感

    雨の日サービス

    冷たい雨がシトシト降っています。

    昨日は短パンでもいけそうなポカポカ陽気でしたからね、余計に寒さがこたえます。

    雨の日は出席率が下がります。

    そう言えば、商店とかは「雨の日サービス」なんてのがありますが、ウチもやりましょうか?!

    まあ、昨日は昨日で花粉がキツかったから、じゃあ今度は「花粉サービス」か……。

    そうこうしている内にまた、暑い暑い夏がやって来ます。

    暑いとか、寒いとか、雨だの何だのと色々ありますが、そもそも空手って「苦あれば楽あり」や「損して得を取る」様なイメージがあると思います。

    武道や格闘技って他のスポーツのような「楽しさ」とはまた違いますからね?!

    良し悪しじゃなく、やっぱり地味なイメージがあるんですよね。

    まあ、だからこそ、普段の生活に結び付けやすいし、誰にでも出来るって事が言えるのですが。

    もう、何十年も昔のように、ただガチガチ組手(戦い)やるのとは違いますし、今更瓦を割っても「だからなに??」って、あまり伝わるものはないと思います。

    勿論、流派や道場、先生によっても考え方は様々です。

    時代背景もまた、様々あったわけです。

    今は昔よりも護身の意識と、教育的要素が重要視されるようになっている、と思います。

    空手の道場で「雨の日だから何かサービスを」と言っても、お菓子をあげるくらいしか出来ません。

    でも、時間を掛けた成長はもれなく付いてきます。

    「時間を掛ける」と言う事は「長い間一生懸命出来る」って事が保証されたようなもの。

    それは、胸を張れる時間に置き換える事が出来るのです。

    空手にはあまり華やかなイメージはないかも知れませんが、胸を張れなければ、華や品もありません。

    「雨でも胸を張れる」

    良いサービスじゃないですか!

    ……地味だな〜。


    « »