Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    東京練馬生徒用LINEページが出来ました
    こちらで緊急連絡等行ないます。
    ご登録よろしくお願い致します。

    チャレンジカップ(試合)
    7月21日(土)
    14:00@小豆沢体育館
    出場申し込み受付中

    夏合宿
    8月9,10,11日(木,金,土)
    @山梨県鳴沢村

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    6月24日(日)
    審査
    10:00@東京練馬
    *クラスはお休みです。

    *予定は変更される場合がございます。

  • ストレッチで目覚めた!

    ちょっと良い話

    ストレッチで目覚めた!

    ストレッチは大人も子供にも薦めたいところです。

    でも、そこは本人がコツコツやる癖を身に付けなければ結果は出ません。

    大人は結果が出るのに時間が掛かりますが、子供は重要性を理解するのに時間が掛かります。

    頭で判ってもそれをやる癖を身につけるまでが一苦労なわけです。

    大会用の稽古は普段より少しキツいです。

    課題を与えるのは普段の稽古と一緒ですけどね。

    ただ、目の前のニンジンと同じで、ある程度大きな目標に向けてやらざるを得ないからです。

    だから、大会や審査は成長のキッカケとなりやすいのです。

    その経験から、チャレンジや努力の仕方や、自信の掴み方、自分と課題への向き合い方などを学べたら良いな、と思います。

    そんな中、先月の大会を上手く利用した中学生がいます。

    彼は座った状態の開脚で今まで一度も頭どころか、ヒジさえろくに床に付ける事が出来ませんでした。

    でも、決意のスイッチが入り、始めてしまえばそこはやはり中学生。

    体だけでなくアタマもまだまだ柔らかい。

    初めて2週間で頭どころか、顎まで床につくようになりました。

     

    大会から1ヶ月が経ちました。

    彼には、今までなかなか直せない悪い癖がありました。

    ですが、最近彼の癖が急に直っていました。

    彼は大会後、ずっと課題を意識して生活していたそうです。

    ストレッチがキッカケで、丁寧に癖と向き合えるようになった、というわけです。

    これが勉強にも役立てば〜、と誰かに言われそうですね!?

    さておき、彼の中で必要な経験をした、と言えるのではないでしょうか。

    さて、もうすぐ12月。

    モチベーションの上がりやすい新年に向けて、そろそろ課題や目標を意識しても良いかもしれません。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    « »