Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    12月16日(日) 
    審査
    10:00@東京練馬
    *稽古はお休みです。

    12月23,24日(日,月
    お休み

    12月27日(木)〜2019年1月6日(日)
    お休み

    *予定は変更される場合がございます。

  • 幼児も小学生も中学生も高校生も大人だって皆同じ

    日々雑感

    リーダーと太陽

    大会まであと僅か。

    稽古も一段落がつきました。

    逃げていた顔から開き直れる強い表情へと変わりました。

    不安はあっても、それを「見せまい」と自分をコントロールしている様子が伺えます。

    今回の大会稽古で感じたことは、大人も子供も皆一緒なんだ、と言う事です。

    5歳も10歳も中学生や高校生、それに大人も。

    チャレンジする、しないの葛藤もそうです。

    キツさを知ると下を向いて道場にやってくのも同じです。

    息が上がって雑になるのも、癖があるのも、そしてそれはなかなか手強いと言う事も。

    自分からは逃げられない事もそうです。

    型でも組手でも、自分と向き合い、相手と向き合い、一歩前に出る。

    そうする事で得られる自信も、やれば出来ると言う事もまるっきり同じです。

    生徒達は自然に声を掛け、励まし助け合えるようになりました。

    感謝も充分感じていると思います。

    約一月半のチャレンジで得た経験は、ジワリと人を豊かにしている、そんな気がします。

    同じ間違えを繰り返したり、なかなか出来なくても、それが自然です。

    ですが、ベターを求める意欲と、課題を意識して取り組む事で、胸を張れる。

    前を向ける心地よさ。

    「自信」って決して派手なもんじゃないと思います。

    なんとなく、昼寝のような居心地の良い安心感がある、そんな素朴なものだと思うのです。

    それが”強さ”ではないでしょうか。

    ちょっとやられて泣いた子や、悔し涙を流した子も

    目を見るのが、人前に立つのが苦手だった子も

    嫌気に負けて不貞腐れた大人もいました。

    私に怒られ、親に怒られ、逃げたい時もあったでしょう。

    でも、限られた時間でやりきった。

    これが事実です。

    声が出せるようになり

    後ろに下がらなくなったり

    立ち方や目線が決まるようになりました。

    動けるようになり、最後に力が出せるようになったりと……。

    紛れもない”出来るようになった事実”は数え切る事が出来ません。

    皆それぞれが自分で掴んだ自信です。

    不安も心配もあるでしょう。

    「もう少し時間が欲しい」なんて考えたりするもんです。

    でも、それだけでは勿体無い。

    なにせ、挑み、乗り越えた事実が皆にはあるのですから。

    陽は昇りました。

    さー、格好つけていきましょう!


    « »