Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    12月23,24日(日,月
    お休み

    12月27日(木)〜2019年1月6日(日)
    お休み

    *予定は変更される場合がございます。

  • アラバマ遠征「Take A Chance」編 前半

    日々雑感

    アラバマ遠征「Take A Chance」編 前半

    今回の滞在では、もう1つ大きなイベントがありました。

    映画「Take A Chance」の試写会です。

    昨年ようやく完成したこの映画。

    いよいよ劇場を貸し切っての試写会に漕ぎ着けたのです。

     

    8日、日曜日は母の日でしたが、用意された300席は、ほぼ満席でした。

    最高師範も、どこかソワソワ落ち着かない様子。

    私もソワソワしていましたし、内弟子役で出ているので、どこか擽ったい感じもありました。

    笑いあり、涙ありの1時間半は、アッと言う間に過ぎました。

    終了と同時にスタンディングオベーションです。

    感激しました。

    そりゃ、場内ほぼ関係者ですから、そうなりやすかったのはあるにせよ、です。

    何だか色んな感情が渦巻きました。

    実際に内弟子だった頃の想い。

    ここまで完成したっていう達成感。

    自分が主人公のモデルだっていう光栄な気持ちー。

    人は情熱を持てばココまで出来るんだ……。

     

    映画ですから、脚色もありますよ、そりゃ。

    そもそも入りたての内弟子が恋愛なんて、ありえません。

    そこは、あくまでも”ベース”トゥルーストーリーですからね。

    ランニングで先輩においていかれたり、掃除が出来なかったり、稽古についていけなかったりと

    これらは全て事実です。

    実際に、同じ日に2度、8マイル(約13キロ)を走らされた事も本当です。

    サンマを頭からバリバリ食べるのはオテノモノ。

    “8マイル”は日曜日の朝にタイムを競う、内弟子の代表的な行事です。

    何より、安易な考えで内弟子になり、空手が嫌で、逃げて逃げて逃げまくっていた事実があります。

    でも、いつしか自分と向き合うようになり、逃げなくなって、空手が好きになる。

    稽古や、生活にも気が入るようになる。

    色んな事に感謝するようになる。

    この核となる気持ちの変化、成長は、まったく映画の通りです。

    因みに、8マイル

    最初は、1時間45分くらい掛かりました。

    恐らく4年後だったと思います。

    ベストは1時間3分台。

    体力で42分も縮めることはあり得ません。

    勿論、その向上もありますが、精神的に成長したところが大きいです。

    それでも先輩はもっと速いわけですが、最初は勝負なんて、からきし意識出来ませんでした。

    “最初から”惰性で、ただゴールするだけでした。

    それが次第に「一泡吹かせてやる」と密かに思うようになっていったのです。

    一度勝てましたよ。

     

    つづく


    « »