Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    ●大山泰彦最高師範講習会、特別審査
    3月21日(木)
    12:00@千代田区スポーツセンター
    *講習会、子供は青帯以上で小学生以上が対象です(大人は白帯も可)。
    *特別審査の対象は現在3級以上の生徒となります。
    *申込み締切りは2月24日(日)です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2月21日(木)
    お休み

    *予定は変更される場合がございます。

  • 運動会

    日々雑感

    運動会

    稽古中に「気分」の話になりました。

    気持ちが落ち込んでいるときはボケーとしやすいし、嬉しいときは浮かれやすいから気をつけよう!

    そんな類の話です。

    その時に、ウキウキすることを連想させようと、試しに「運動会好きな人?」と聞いてみました。

    なんと、半数の子は手を挙げませんでした。

    理由を聞くと、「面倒」と答えが帰ってきました。

    さらに「待ち時間が長く椅子とか運ばなくちゃいけないし……」だそうです。

    なるほど。

    今や”何もしない時間”はあまりなくて、手にはスマホやゲームを常に持ち歩いています。

    常に何かする事に慣れてしまえば、何もしないことには退屈を感じてしまう。

    たとえ子供自身がやっていなくても、大人を見ていれば「そういうもんだ」と思ってしまうでしょう。

    私なんかは、ともすると、それを無駄と感じて一種の焦りを覚えることもあります。

    幸か不幸かわかりませんが、それこそが本当は面倒な気がします。

    子供のうちは多くの経験を積んでもらい、自信の為に一生懸命取り組む癖をつけて欲しい。

    たとえ面倒に感じても良いと思います。

    でもそれはチャンレンジする時を知らせる合図のようなもの。

    椅子を運ぶ時は一生懸命運ぶし、自分の出番が来たらスイッチ入れて必死に競争して欲しい。

    面倒だけど出来た。

    嫌だけど試せた。

    難しくても諦めなかった。

    自信ってそんなものだと思います。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    « »