Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    大山泰彦最高師範による講習会&
    特別審査
    2月18日(日)13:00開始予定
    @千代田区スポーツセンター
    *講習会は黄帯以上が対象です。
    *特別審査は現在3級以上が対象です。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     

  • 2012 秋のオープン道場

    イベント

    2012 秋 オープン道場

    秋のオープン道場

    毎回秋はジャパンカップの直前と言う事もあって、大会の選手が中心となって組手と型を披露する。

    と言っても、前回夏も大会の直前だったな!!

    まあ、選手中心になるのは仕方ないな。

     

     

    先ずは組手から。

    このオープン道場は大会の2週間前。

    ちょっとキツい大会用の稽古を初めてから、選手はちょっと気持ちが逃げ気味になりそれが丁度回復する時期。

    だから色んな生徒の顔を見る事が出来た。

    組手小学低学年
    組手小学低学年
    組手小学低学年
    組手小学高学年
     

     

    勿論、大会に出場しない生徒も見せ場はある。

    リトルファイター
     

     

    組手の後はちょっと気分転換に普段の稽古を披露した。

    上級者が下の帯をリードする。

    キッズリード
     

     

    さあ、ココからは型に入る。

    先ずは園児から。

    型リトルキッズ
     

     

    小学低学年。

    型小学低学年
     

     

    大人の演技が始まる。

    ココ一ヶ月、自分と向き合い自分の可能性を見つけた自信は大きい。

    型大人
     

     

    上級キッズの棒の型。

    彼らはあえて最も難しい型を選んだ。

    それだけの価値は十分にある。

    棒型小学高学年
    棒型小学低学年
    棒型小学高学年
     

     

    チャレンジは中学生も負けてはいない。

    棒型中学
     

     

    大人の上級者。

    上級者故の弱点は慣れ。

    慣れが壁となってなかなか抜け出せない中を、自分と向き合って克服して来た。

    トンファ型
    トンファ型
     

     

    最後は自分が型(かた)をつけた。

    が正直、選手の緊張感には及ばなかった。

    やっぱりそれなりに稽古して披露しないといけない。

    わかっているのに甘い。

    セイエンチン
     

     

    この日から既に一週間が経ち、殆どの選手が稽古をやって来た自信からなる開き直りの表情になっている。

    逃げなかった証拠。

     

    さあ、後もう少し。

    開き直れたら後は前に出るだけ。

    本番まで今が一番気が入る。

    何度も失敗している課題がそれぞれある。

    それを諦めずに追い掛けてほしい。

    そこで、本当にやり尽くした感を味わう事が出来ればシメたもんだ!

     

     

    P.S.オープン道場は何故か雨の日が多くて困ったものですが、今回もまた雨でした。
    しかしながら、沢山の方にお集り頂きまして誠にありがとうございました。
    皆様のお陰で、我々は緊張を味わう事が出来て良い経験をさせて頂いております。
    この経験がいつしか成長となって皆様に恩返しが出来る様に頑張って参りますので、よろしくお願い致します。

     

     

    Special Thanks!
    撮影:クマモト研究所


    « »