Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

  •  無料体験をご希望の方はこちらをご覧ください。

  • インスタグラムにて道場の様子を掲載しております。是非ご覧ください。
    @worldoyamakaratetn

  • ◆ 生徒用LINEにて情報配信致します。
    ご登録はこちらから

  • TNカップ(東京練馬支部内戦) 5月19日(日) 出場申込受付中。

  • 夏合宿 7月26~28日(金~日) 詳細は後日お伝え致します。

  • ///////////////////////////////

  • ◆ スケジュール:

  • 4月21日(日) 姫路講習
    ※道場はお休みです。

  • 4月26日(金) 道場お休み

  • 4月28日(日) 昇級審査
    9:00 東京練馬道場
    ※14日以降に審査用紙をお渡ししますので、希望者は申し出てください。
    ※稽古はお休みです。

  • 4月29日(月)は祝日ですが、通常通り稽古を行います。

  • カオパンチ

    日々雑感

    カオパンチ

    上級のクラスでは顔面パンチの稽古をしている。

    どうしても空手といえば”顔へのパンチは無い”

    そんなイメージがあると思う。

    でも、それはあくまでも試合のルール。

    素手で戦うのが空手なら素手で顔を殴るのは危険

    だから”パンチは首より下”ってルールが定められているだけのこと。

    でも、顔や頭は大事。

    空手を経験していて一番怖いのは「手による顔への攻撃はない」と覚えてしまうこと。

    「そんなことはわかっている」

    いやいや、体はそうはいくもんか。

    頭で認識していても、体が”顔パンチない用”に癖付いていたら

    先ず体はそっちに反応する。

    とは言っても年がら年中顔パンチの稽古をしていたらやっぱりちょっと危険。

    子供や中年同士で稽古させるわけにはいかない。

    だから年に数度稽古することにしている。

    たった数度の経験が”顔パンチない用”の癖つけを阻止出来たら良いと思う。

    理想は、生徒が「顔にパンチが来るかもしれない」と常に意識して構えること。

    大会用の構えが特別であってほしい。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    « »