Facebook
RSS
TOPに戻る
お問い合わせはコチラ
  • お知らせ

    12月16日(日) 
    審査
    10:00@東京練馬
    *稽古はお休みです。

    12月23,24日(日,月
    お休み

    12月27日(木)〜2019年1月6日(日)
    お休み

    *予定は変更される場合がございます。

  • 2018チャレンジカップ

    イベント 大会

    2018チャレンジカップ

    チャレンジカップが開催されました。

    上手くいった事とそうでない事がよく出ていました。

    生徒もそれはよくわかっているようで

    大会後の空手ノートには具体的な反省や課題がハッキリと書かれていました。

    「くやしかった」「嬉しかった」

    正直な感情も書いてありました。

    大会に向けてそれなりの稽古をした証拠です。

     

    大会をチャレンジして一番の財産は”自分と向き合う事を学べた”点ではないでしょうか。

    上級になるにしたがい、技や戦い方が成長するという事は

    自分との向き合い方への変化が必ずあると思います。

    向き合うという事は課題を意識する事で、それだけ丁寧な作業になるわけです。

    丁寧さが一生懸命さにつながり、自信を掴むことが出来るのではないか。

    そう考えています。

    あとは続けること。

    チャレンジの継続により、課題の変化を知ることは成長を実感出来る。

    それが自信になるのは言うまでもありません。

     

    さて、1つだけルールについて

    対戦相手、両者で明らかな体重差がある場合は延長(大会によっては再延長)で判定に持ち込まれた場合、引き分けの内容であれば、体重が軽い方が勝つというルールになっています。

    ボクシングの細かい階級に見て取れるように、格闘技は体重が優劣に大きく左右します。

    そこでよく間違えやすいのは、軽い方が下がりながら技を出す、という状況です。

    技のダメージで後ろに下がったり体が崩れるのでしたら、それは重い方の有効打(相手にダメージを与えているであろう有効な技)となり、重い方が優勢になります。

    ですが、軽い方の作戦として後ろに下がって技を出す、或いは、技というよりも体重による圧力で軽い方が後ろに下がる(ダメージではない)。でも軽い方も技を出している。

    それは、つまり有効打はありません。

    このような場合、手数(技の質と数)が同じであれば引き分けです。

    よって軽い方の勝ちです。

    ですが、ここで、下がっている軽い方を有効打を食らっている、と勘違いしやすいのです。

    例えば、これも前回説明させていただきました、型の試合は、勢いだけあれば良いのではありません。

    技の正確性が第一です。

    組手の試合も、技を競うのであって、押すことを競うのではありません!

    だから「押す」行為は技ではなくて反則なのです。

    押したってダメージはなりませんからね。

    因みにですが、我々のルールでは”瞬間的な押し”は反則ではありません。

    それは、相手を崩して技を出すテクニックの内の1つです。

    あくまでも技の為の応用であり手段です。

    「押す」「下がる」そこで優劣を判断してはいけません。

    あくまでも技によるダメージを与えているのか、もしくは受けているのか

    そこが判定の基準です。

    是非、今後の参考になさってください。

     

    今回も大会を通じて様々なドラマがありました。

    「すべて順調に上手くいきました」

    これではドラマになりません。

    「山あり谷あり」

    だからドラマは面白い。

    だからこそ、向き合うことが出来るのではないでしょうか。

     

    生徒の皆、よく頑張った。

    中高生のスタッフ、協力ありがとう。

    ご父兄の皆様、ご理解、ご協力いただき、ありがとうございます。

     

    さあ、次回はいよいよ夏合宿です。

    ドラマの宝庫。

    “その日のドラマ、その日のうちに”

    と言うわけで、なるべくダイレクトに近い状態で合宿の模様をレポート致します。

    ご期待ください。

     

    ワールド大山空手東京練馬 高橋真次

    2018チャレンジカップ メダル


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    « »